2014年8月の記事一覧

<<ゆったりのんびり自然を見つめて、歩いて、自然と生きる。>>

路地
広島市北部では8月20日に猛烈な雨が降り
広範囲で土砂崩れが発生し、
多くの人が命を落としました。

お悔やみとお、見舞い申し上げます。

被災された方のお話を聞くと
逃げるタイミングなどが大変難しい
ことが分かって来ました。

そんな中で、アスファルトの
都会では、降った雨が短時間で
あふれる恐れがあります。

私も、何年か前に、
多摩川でバードウオッチングをしていて、
はるか上流のほうで雷の音と黒い雲をみていて、

30分もしないうちに、
今いる場所では雨も降っていないのに
川岸に立っていると水かさが増して来て
いつの間にか足もとまで来ていた経験があります。

とても恐ろしい経験をしました。
下流や、低地ではまたたくまに
水浸してしまいます。

早々に、逃げることが必要です。
地震や津波などから自分の身を守るために、
しっかり足を鍛えております。

周りの人にも声をかけ逃げます。

私は毎日1時間のウオーキングを
しながら「撮り歩き」をしていますので
自宅付近の1㎞範囲の地形は頭に入っています。
_猫じゃらし_

川や池がどこにあるか
側溝や水路がどこにあるかを見ながら
ウオーキングをしていますので
災害時には役に立つと思っています。。

それに加えて、
自宅の回りのハザードマップを作成すると
きっと、もっと役に立つと思うようになりました。

市町村でハザードマップを作成していますが、
家の周りの危険箇所や避難先を書き込んだ
きめ細やかなものを作ってくれませんので
自分で作ると言うのも良いのではないでしょうか。

「わが家のハザードマップ」を作り、
家族で災害に対する心構えをしておければ
と考えています。

そして、いつもウオーキングをしながら
自分の家や地域の危険箇所を点検し、
みんなで確認しておけばかなり役に立つと思っています。

人の営みで地域社会は常に変化していますので
毎日の「撮り歩き」できょろきょろしていることが
役に立つのではないかと思います。

ブログには掲載していないですが
マンホールの蓋や
立て看板や立木などを撮っています。

マンホールの蓋は
「撮り鉄」ならぬ、
「撮り鉄蓋」です。
IMG_6661-50
鉄蓋はデザインが面白いので
あちこちで撮れます。

こんな写真も
ハザードマップに落とし込めば
きっと役に立つこともあるのではないかと
思います。

「ハザードマップの作り方」は、
ネットで紹介しています。
あなたも散歩からでも始めませんか。

きょうは幸い、
穏やかな朝のウオーキングを兼ねた
花の「撮り歩き」の開始です。

ゆったりのんびり撮り歩きで、
早速「ハマナスの花」が咲いていました。
IMG_7304-85

「ハマナスの花と実」です。

「ハマナス」の名は、
浜(海岸の砂地)に生え、
果実がナシに似た形をしていることから

「ハマナシ」という名が付けられ、
それが訛ったものと言われています。

ハマナスは、
バラ科バラ属の落トゲがあって
まさに、美しいものにはトゲがあると言うところです。

夏に赤い花を咲かせますが
まれに、白い花を咲かせます。
花は八重のようなものもあります。
IMG_7298-88

根は染料などに、
花はお茶などにして
飲む人もいます。

そして、
ハマナスは
晩夏の季語です。

花が終わると
青い実を着け
やがて真っ赤になります。
IMG_2779-90

葉と花とそして実、
枝ぶりも、
しっかりと風雪に耐える強さを感じます。

今日は
花の「撮り歩き」で楽しみながら
ハザードマップに記載するネタを集め、

足腰を鍛えながら
ゆったりのんびりできました。

あなたもウオーキングを兼ねて
自分の好きなことを見つけて、
「ながら」をするといいですよ。

IMG_7298-88
 

もし、このような記事の書き方を学びたいと思っていましたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト

<<ゆったりのんびり自然を見つめて、自然と向き合う>>
25IMG_2874

大人なっての運動量は一般的に下がります。
ましてや、アラフォーに至っては極端に下がります。
つまり、歩く量が極端に少なくなると言うことになります。

そのことと関連するのか分かりませんが
日本の健康づくりの基本方針
「健康日本21」では、
1日30分、週2回以上を推奨しています。

でも、世界保健機構(WHO)やアメリカの
ガイドラインは、
「1日30分、週5日以上」としていて
日本のガイドラインは少し控え目ですね。

台湾の話ですが、、
毎日15分程度の運動でも
心血管疾患や「がんの予防」にも役に立ち、

死亡率も14%減少し、
平均余命が3年延長される
ということが分かったそうです。

毎日の運動は、量と頻度が多いほど
「がん予防」の点からも良いようですし、
なによりも、毎日が元気に暮らせること
に繋がりますからね。

週1回の運動よりも
「1日1時間」の方が
効果的と言われています。

とにかく、
毎日体を動かすようにすることですね。

私は、4年まえから
(散歩+ウオーキング)+「花の撮り歩き」を
毎日、1時間ほどやっています。

「ゆったりのんびり自然を見つめて」いる毎日です。
あなたもいかがですか?

全然難しくはないですよ。
一番長続きするのは
「自分のすきなこと」と

散歩やウオーキングを
組み合わせることがポイントですね
私の場合は、「花の撮り歩き」です。

それで今日の「花の撮り歩き」はこれです。

「アメリカフヨウ」
名に

アメリカフヨウは北アメリカ原産、
冬を越して毎年花をさかせる
宿根草(しゅっこんそう)で、

この花を育てているお宅では
毎年上手に花を咲かせています。

草丈が1m-2mになる大型の草花です。
チンパンジーのようにも見えますね。

主な開花期は7月-8月で
大輪のハイビスカスのような
花をつけます。

咲いたその日にしぼんでしまう
1日花ですが夏の間は
次々につぼみができて開花しています。

あまり知られていませんが、代表的な園芸品種に、
日本で改良された’サウザンベル’
と言うのがあります。

「サウザンベル」

サウザンベルは花の大きさは

30cmに達する巨大輪種で、
ピンク、紅紫、深紅、白に
中心が赤などの花色があります。
アメリカン芙蓉99

春にタネをまくとその年の
夏から花を楽しむことができるとのことですが
我が家ではまだうまく行っていません。

アメリカフヨウと同じ属の仲間に
ハイビスカスやフヨウがあります。
よく見ると大きさは異なりますが形はよく似ています。
これはハイビスカスです。⇓
_ハイビスカス

きょうも、
毎日の運動は、量と頻度が多いほど
「がん予防」の点からも良いとのことから

「スマホで写真」撮影をしながら
ウオーキングを
続けて行って、

いろいろな花から
元気をもらって
「ゆったりのんびり撮り歩き」をしていきます。
「でんでん虫のようにゆっくりのんびり」⇓
でんでんむし

もし、このような記事の書き方を学びたいと思っていましたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト

<<ゆったりのんびり自然を見つめて、自然と生きる。>>

IMG_8428-85

『秋の行楽シーズンを前に今から無理なくやれること』

年齢とともに筋肉痛が遅れて自覚するようになると言う説がありますが
科学的には裏付けのあることではないようです。

それは、痛みを定量的にはかって
前後を比較することは難しいためのようです。

残念ながら、アラフォーのころから体の中の様々
反応が鈍くなってくるのは確かですし
炎症や筋肉の修復がだんだん

遅くなって来ても不思議な事では
ないですよね。

『多くの人が感じている現象なので
まったく嘘でないはないことは確かです』

昔から
筋肉痛を伴わないトレーニングは
効果がないと言う考え方があって

時々問題になるのが「シゴキ」です
これが象徴的な誤解でしょう。

これからは、食欲の秋でもあり、スポーツの秋でもありますが、
たとえば、野球などが予定されているなら
事前に素振りをするなどしておくと良いですね。

もし、山歩きを考えているなら
階段を下りることや
下り坂の散歩を日常に取り入れるのがいいんじゃないでしょうか。
階段
私は、
散歩+ウオーキング+「花の撮り歩き」で
無理なくやっています。そして、撮り歩きしたものは、              

このやり方で足腰を鍛えるのが簡単ですし、
無理なく続けることができます。
これをやり始めて、今年で4年目になります。

春・夏・秋・冬

「出張」で、自宅に戻れない日を除いて、
毎日「花の撮り歩き」をやっています。

これまであまり運動をしていない方へ
お勧めなのが、
(散歩+ウオーキング)+「花の撮り歩き」です。

私は、
『ゆったりのんびり撮り歩き』を
テーマに始めました。

何も撮るものがない時はウオーキングで、
花のある路地は、「撮り歩き」です。

トータルで約1時間ゆったりのんびり楽しみながらやっています。

『今日も、ゆったりのんびり撮り歩き』に
出掛けました。

けさ、「撮り歩き」を始めて、
ある路地に入って行くと、
路地

色々な花があっちこっちで咲いています。

これから
秋に向けて、夏花と秋花の交代が始まっています。

今日の一枚はこれです。

IMG_8197

「野菊」です。

野菊はとても種類がたくさんありますね。
紺色をしたヨメナ、カントウヨメナ、ノコンギク、

又、白い花を付ける
リュウノウギク、シラヤマギク、シロヨメナなどです。

基本的には花の色は白ですが
少し青みがかるユウガギク等、様々です。

いずれも秋の山野を彩るキク科の花ですが、
古来よりひっくるめて「野菊」と呼ばれています。

どれも似ていて、
色、冠毛、葉のざらつき、葉の切れ込み具合等で
区別は可能ですけれど、素人では難しく、

「伊藤左千夫」の小説「野菊の墓」の野菊が
どの花であるか詮索する必要も無意味でしょう。

これらをひっくるめて
通称、「野菊」と呼んで親しみを感じているのが
一番いいと思います。

散歩道で見られる「野菊」は大半が
カントウヨメナのようです。

こんな花と出会いを楽しみに
身支度をして、iPhone(スマホ)をつれて
外に出て探してみませんか?
(散歩+ウオーキング)+「花の撮り歩き」です。

「野菊」は、
全国各地にどこでも見られる花です。
そんなに遠くへ出かけなくとも
身近なあなたの家の回りをちょっと散策してみてください。

きっと見つけることができるでしょう!!

今日の、私のもう一枚はこれです。⇓

IMG_6978-99

この撮った野菊を、ソーシャルネットワークで写真を公開しています。

 

あなたも街に出かけ、iPhone(スマホ)で、あなたはシャッターを切るだけで          いろんな表情の野菊を撮ることができます。

路地の、あちこちにいろんな色の、
「野菊」を見つけることができますよ。

もし「撮り歩き」で野菊を摂ったら、
家に帰って、図鑑で調べてみると新たな発見があって

楽しみが増えます
そうすると、また別の野菊が見つからないかと

「撮り歩き」が楽しみになって、少しずつウオーキングの距離が延びることでしょう。これで、健康維持が自然にできてきますね。

 

もし、このような記事の書き方を学びたいと思っていましたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト

私の「撮り歩き」は、
ウオーキングと「花の写真撮影」を
ミックスしています。

あとの時間は、
「花の写真撮影」の後整理をして
花とのふれあい、自然とのふれあいを楽しんでいます。
あなたもいかがですか?

『今日も、ゆったりのんびり撮り歩き』を
始めましょう。

「撮り歩き」をしていくと
紫陽花の花があちこちで
咲いています。

この時期は少し
終わりの時期に入っているようです。

今日の一枚はこれです。
IMG_8363-80

「あじさい」は

紫色の太陽に向かって
咲く花と書いて、紫陽花。
これは、アジサイの当て字です。

よ~く見ると
いろんな色、形があります
紫陽花の花を見てください。

まずは、予備知識として、
元々の語源は諸説あり、
そのひとつはこの花の色から
藍色が集まったものを意味すると言われています。

集真藍(あづさい 或は あづさあい)とする説。
美しい藍色で染めたような色をした花から来ています。

ただ、昔、紫陽花は
日本本来の紫陽花とは違い、
ライラックのことを指していたようです。

ポジティブな花言葉として
「元気な女性」や「辛抱強い愛情」の
意味も持つ紫陽花です。

美しく、もの静かでありながら
優しい笑みをも思わせる紫陽花ですが、
その花言葉には実はネガティブなイメージを
連想させる言葉も多いのです。

ネガティブなイメージを
思わせる花言葉で言えば
「移り気」「浮気」が有名です。

この花言葉の由来には、
紫陽花が、成長に合わせて
「色を変化させていく」からというのがあります。

「緑から白」、「青紫から赤紫へ」と、
紫陽花の「花弁の色」は成長とともに変化します。

だんだん花びらの色が
変化していく紫陽花は、
別名「七変化」とも呼ばれています。

花びらの青色からイメージされた
と言われている「高慢」
「冷淡」という花言葉もあります。

しかし、
昼間でもドンヨリと薄暗くうっとおしい、
「長雨の季節」に美しい花を咲かせ、
私たちの気分を明るくしてくれる紫陽花です。

多くの人の人気を集め、
愛でられています。

こんなうんちくを頭の片隅に入れて
身支度をして、片時も離さない
iPhone(スマホ)をつれて
外に出て探してみませんか?

紫陽花が「日本が原産地」であるため、
全国各地に紫陽花の名所が点在します。
お近くの紫陽花名所を探すには比較的容易です。

でも、そんな遠くへ出かけなくとも
身近なあなたの家の回りを
ちょっと散策してみてください。

あったでしょう!!

私の一枚です。
2376

このように
アップで撮ってみるのもよし、
株、全体を撮るもよし

群生しているように撮るもよしです。

あなたのiPhone(スマホ)で、
撮るときに、焦点の合わせ方として、
撮りたい紫陽花の構図をきめ、

構図の真ん中の、画面の中央を
軽く触れると、
焦点と光を自動調整してくれます

あとは、
あなたはシャッターを切るだけです。
いろんな角度から撮ると良いですよ。

街の、あちこちに
いろんな色の、
いとんな形の紫陽花が見られます。

満足のいくほどの紫陽花と出あい、撮ったら
おうちに帰って、紫陽花のうんちくを
あなたのブログにアップしましょう。

これで、あなたは
紫陽花の「写真撮影」で、
ブログが書けるでしょう。

もし、このような記事の書き方を学びたいと思っていましたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト

あまり晴れ間が見えない日の
「撮り歩き」は
中々良い写真が取れないのですが

風が吹いていないと
花が揺れないため
シャッターは押しやすいです。

朝のウオーキングは
日中の光よりも
「斜光」の方が花の「写真撮影」には
持ってこいの条件を作ってくれます。

朝は、済んだ空気感や
ひんやりとした空気が
とても好きです。

そんなわけで
今日は「東」に向かって
歩き始めます。

早速今日の一枚です。
hototogisu

「ホトトギス」です。
日本の代表的な山野草のひとつで
写真にありますように

葉の根元に並べたような葉をつけ、
花は白地に赤紫の斑点が入り
先端から開花していきます。

この花の名の由来は、
ご覧になって分かるように
花被片にある斑点を

鳥の「ホトトギスの胸」にある
模様に見立てたものと言われています。
よく見ると確かにそうですね。

でも、
普段、この花を身近に
見ては来なかったように思います。

「天下人とホトトギス」の話は
野鳥の方です。

鳴かないホトトギスを三人の天下人が
どうするのかで性格を後世の人が言い表しています。

•「なかぬなら殺してしまへホトトギス」(織田信長)

•「鳴かずともなかして見せふホトトギス」(豊臣秀吉)

•「なかぬなら鳴まで待よホトトギス」(徳川家康)

これら三人の句を読んで、
私はどちらかと言えば、
徳川家康に近いですが

あなたは、
これまでの生き方を振り返って
誰に一番近いですか?

IMG_3550

アフィリエイト

自然とともに生きることを
実践する一歩として、毎日の生活レベルで

楽しく続けてられるものとして、花の「撮り歩き」、
「写真撮影」を兼ねたウオーキングです。

花の「撮り歩き」は、
美しい花を見る喜が味わえ
太陽の日差しを浴びながら

すがすがしい
朝の空気を一杯吸って
一日をスタートさせることができます。

行く先々に
季節の移ろいを感じて
自然との会話をしながら

「ゆったりのんびり撮り歩き」、
あるがままに過ごす
贅沢な日々を過ごしませんか。

ウオーキングを兼ねての「撮り歩き」は
無理なく、自然に足腰が鍛えられ
きわめて健康的な運動です。

あなたも、花の「撮り歩き」を兼ねた
ウオーキングを始めませんか!

でも、『ウオーキングを
始めようとしても、いろいろな
心配事があって始められません』との声も聞こえます。

例えば
・ウオーキングってどうすれば良いんですか?見当が付きません。
・道端で花を見ていると変に思われませんか?
・きょろきょろして歩いていると怪しまれませんか?

等々。
私も同じような心配を
しながらのウオーキングのスタートでしたが
誰も全然気にしていません。

『でも、
・炎天下で熱中症にならないですか?
・歩いていて、段差のあるところで足をくじきませんか?
・靴ずれを起こしませんか?
とても心配です』

大丈夫です。

日よけの帽子をかぶって
マイ・ドリンクを持ち
履き習れたスニーカーを履けば

何も心配することはありません。
あとは、あなたのiPhone・スマホを
持って出かけるだけです。

『でも、iPhone・スマホは
普段は、電話にしか使っていないので
「写真撮影」は、自信がありません』

それも大丈夫です。
今のスマホのカメラは
デジカメ同等の実力がありますから。

ピントは自動ですし
露出も自動です
シャッターブレも少なく大丈夫です

あなたは写したい花に向けて
「撮らせていただきます」と
一言つぶやいてシャッターを押すだけです。

まあ、言わなくても
良いですがご挨拶として
一言いえばいいんじゃないですか。

さ~!
早速「撮り歩き」に出かけましょう。
と言って外に出ると外は雨でした。

早速、雨のスタートですが、
きょうは雨が降っているからやめようか、
きょうは風が強いからやめようか、

など、
やれない理由をつけて
やらないことは結構、多いと思いますが

あなたは
いかがですか?
私もそうでした。

でも、やれない理由をつけて
やめてしまわないように
雨でもウオーキングができるように

たまたま
ゴルフで使っていた
雨合羽を用意しておいて

雨でも歩けるので
やめられないように
して置いています。

靴も、多少の雨でも浸みない
ウオーキングシューズも
用意していています。

もうこれで
自分に言い訳が
できないようにしてあります。

さ~!
もうあきらめて
身支度して「撮り歩き」の
「写真撮影」に出かけることにしまししょう。

いざ、ウオーキングへ出かけよう。
あまりあれこれ考えず
形から入る必要もありません。

履きなれたオフの時に履く靴でも構いません
もちろんウオーキングシューズが
あれば言うことはありません。

そして、
愛用のスマホをもって出かけましょう!
今日は、風向きを考えて南に向かって
ウオーキングしながら「写真撮影」開始です。

ここで、早速、「今日の一枚」です。

「ムクゲ」の花が咲いています。
歩道に面した民家の庭から
綺麗なピンクの花びらがとても素敵です。
扶養

「ムクゲ」は
夏の花ですので
秋の気配を感じると花も終わりです。

「ムクゲ」は
ハイビスカスや芙蓉(フヨウ)の
仲間で一日花ですが、夏の間ずっと咲き続けています。

花の色は白、ピンク、赤などで、
花径6~10センチくらいの5弁花です。
きょうは雨に咲いています。
mukuge2

その他、雨に生き生きとして
動き出している
「デンデン虫」を発見しました。。

この
自然の流れに
呼応して植物も動物も

そして、
人間も生きています。
今日の雨は「恵の雨」です。

初秋に向かって
着実に進みつつある
朝のウオーキングでした。

もし、このような記事の書き方を学びたいと思っていましたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト

一匹の昆虫と、「ホトトギス」との出会い。
そして、今日の雨は「恵の雨」です。

きょうは雨が降っているから
やめようか、
きょうは風が強いからやめようか、

など、
やれない理由をつけて
やらない趣味は結構、多いと思いますが

あなたは
いかがですか?
私もそうでした。

で、きょうは朝から
あいにくの
雨でした。

やれない理由をつけて
やめてしまわないように
雨でもウオーキングができるように

たまたま
ゴルフで使っている
雨合羽を用意しておいて

あめでも
歩けるので
やめられないように
して置いた。

さらに、
多少の雨でも浸みない
ウオーキングシューズも
用意していた。

もうこれで
自分に言い訳が
きかないようにしておいた。

さ~!
もうあきらめて
身支度して「撮り歩き」の
「写真撮影」に出かけることにしました。

いざ、ウオーキングへ出かけよう。

大丈夫です、
あなたも、あまりあれこれ考えず
形から入る必要もありません。

履きなれたオフの時に履く
靴でも構いません。
もちろんウオーキングシューズが
あれば言うことはありません。

そして、
愛用のスマホをもって出かけましょう!
今日は、風向きを考えて南に向かって
ウオーキングしながら「写真撮影」開始です。

早速、「今日の一枚」です。

「ホトトギス」のはなです。
hototogisu

もうそろそろ
「ホトトギス」が咲き始め
秋の気配がしてきました。
雨に咲いています。

「ホトトギス」の名の由来は、
花被片にある斑点をホトトギスの
胸にある模様に見立てたものと言われています。

一方で
雨に生き生きとして
動き出している
こんな虫と出会いました。

denndennmusi
そう、
「デンデン虫」
かたつむりです。

この
自然の流れに
呼応して植物も動物も

そして
人間も生きています。
今日の雨は「恵の雨」です。

雨の初秋に向かって
突き進みつつある
あさのウオーキングでした。

あなたも
ウオーキングを始めませんか
iPhoneをもって「撮り歩き」をしながら

自然を
感じながら
人間らしくて良いと思います。

アフィリエイト

どんな服装で
どんな靴を履いて
始めればよいのか?

と悩んでしまって
いざ、ウオーキングと言って
出掛けられないでいるようなことはありませんか?

大丈夫です、
あまりあれこれ考えなくとも
形から入る必要はありません。

スニーカーでも
履きなれたオフの時の履く靴でも構いません。
もちろんウオーキングシューズがあれば言うことはありません。

もし、外が暑そうでしたら
帽子をかぶって、
マイドリンクを持てばなおいいです。

そして、
愛用のスマホをもって出かけましょう!
今日は、南に向かって「撮り歩き」開始!

早速、「今日の一枚」です。
nanamkamado
ナナカマドとコスモス

もうそろそろ
秋の役者が
揃い始めた感じがします。

コスモスが
満開になって
峠を過ぎ

その枝に、
真っ赤に紅葉した
ナナカマドの葉がおちて引っかかっていて

そでもまだ
役者が足りないと思いつつ
撮り歩き続けていると

ありました
と言うより
いました。

アキアカネです。
さらに、ドングリが
そばに控えていて
akiakane_

もう、
秋に向かって
突き進みつつある
あさのウオーキングでした。

あなたも
ウオーキングを始めませんか
iPhoneをもって「撮り歩き」をしながら

自然を
満喫するのも
人間らしくて良いと思います。
kikabutotombo

アフィリエイト

雲の流れと、風を読む!

毎日のように激しい雨に見舞われて
大変な思いをされているかたに
お見舞い申し上げます。

でも、
比較的天気の安定した時期に
外に出て、雲の流れをみて、

吹く風の強さや
爽やかさを感じ
自然の中で、生かされている

そう感じていて、
いざと言う時に役に立つ
自然の変化を感じ取ることはとても大切と思います。

そう思いながら
今日も「撮り歩き」に
出掛けましょう!

きょうは、
東の空を見ながら
南へ向けて
歩き始めました。

今日は朝から天気に恵まれ
素晴らしいいちにちです。
そしてウオーキングしながらの「撮り歩き」です。

一番目はこれです。
名に

二番目はこれです。
kosumosu

三番目はこれです。

akiakane_

最後に、
もう秋が忍び寄っています。
アキアカネとドングリです。

光と風と雲
そして、木々の装いの変化
昆虫たちの季節への備え

皆さんも自然を感じながら
今を暮らしていきませんか!

アフィリエイト

ダイエットと、気分転換、そしてブログライターの道を極める!

近頃
少し太って来た
なんとなく腰回りが

等と感じていませんか
そんな悩みや
感心毎が増えたあなたへ

ブログをうまく書きたいけど
何とかしたいと思いろいろ
やってみたけど

と言うあなたに!

この方法は
あまり苦労することなく
つづけられます。

このさきへ
読み進んでください。

あなたは、
これまでになくブログを、
格段に上手く書けることでしょう。

では始めましょう!

まず、「テーマを決めましょう」
いま、デジカメをもって外に出て
街の中を歩いて『庭先の咲く花を撮り歩く』
で行きましょうか。

このテーマを実際に
「実行」してみると
意外と「自分の体力のなさを実感」し、

自分の足で歩くことの
大切さを知らされます。
実は無心になって「撮り歩き」をすると
すぐに1時間はすぎます。

でも、その見返りに
ダイエットに、
「花の美しさ」と「可憐さ」に癒されます。

この写真は
実際に撮り歩きをしたことで
自宅から少し離れた家々の

庭先に咲く花をみせてもらって
撮った可愛い花の写真の
一枚です。

扶養
「こんな可愛い写真」が
「いくらでも」取れるんです。
どうですか!

しかも、ゆっくりと楽しみながら
「脚力を付ける」ことが無理なくできて

何よりもうれしいのが
花の「写真撮影」を
しながらできるのです。

「撮り歩き」は
特別難しくはありません。
極めて簡単です。

「撮り歩き」に必要なのは
今あなたがお持ちの
iPhone(スマホ)のカメラです。

これで十分です
すぐに「撮り歩き」が
始められます。

あとは
帽子と履きなれた
スニーカーを履いて。

最初は、
往復20分位をめどに
「撮り歩き」をします。

手軽るに
花の「写真撮影」を
楽しめますよ。

特に、
朝の「撮り歩き」なら
新鮮な空気を吸いながら

気持ちよく
スタートがきれます。
あらたな一日の始まりです。

あとは、
自宅に帰ってから
「今日の一枚」を選んで

アメブロに投稿しましょう
今日の「撮り歩き」写真の
コメントをつけて。

「あなたの一枚」が
インターネットにデビューです。

「あなたの一枚」が
インターネットの世界で輝いていると
言うことを想像しながら

あなたの撮った写真と
コメントが
誰かの目に留まり

あらたな
コミュニケーションの
輪がひろがることへとつながります。

こんな風に
ブログを書けば
もうあなたはブログライターです

さ~、
今日から
iPhone(スマホ)をもって外へ出よう!

そして、
花の「写真撮影」を、
スマホ撮りを、
撮り歩きをはじめよう。

デジカメでなくても
iPhone(スマホ)をもって、
花の「写真撮影」を、
撮り歩きをしましょう。

あなたの体力に合った
距離範囲で楽しみながら
花の写真を撮って、

友達に、知人に見てもらいましょう!

さ~、はじめよう、花の「写真撮影」撮り歩きを!!

記事の書き方を学ぶのでしたら
こちら


がお勧めです。
わたしもこれで勉強しました。

アフィリエイト